MENU

 割り切り掲示板を使って知り合った相手がいかにも幼い女の子、結局セックスをすることはできませんでした。
しかも後日、警察から事情聴取を受けることになる、まさに踏んだり蹴ったりな事態となってしまったのです。
こんなはずじゃなかった、そんな気持ちが頭の中をグルグルと回り続けていました。
警察には冤罪で無実な事は分かってもらうことができたけれど、精神的な落ち込みというものはかなりありました。
仕事帰りに同僚と2人きりで飲みに出かけていったのですがこの時、一部始終を彼に話していく事にしたのです。
自分の中だけで抱えておくにはとても辛い状況になっていたからです。
しかしこの言葉、思わぬ情報を手にするきっかけとなっていきました。
「掲示板使って知り合った相手と待ち合わせしたら物凄い幼い子が来ちゃってさぁ、足代だけ支払って別れたんだけどね。
その後警察から連絡来ちゃってさぁ」
「そりゃまた偉い目に遭っちまったね」
「本当にひどい目に遭ったよ。
結局セックスできないし、嫌な気分しか残らなかったね」
「掲示板は危険だから使っちゃいけないんだぜ」
「えっ、そうなのか?」
「考えてみろよ、誰だって利用することができる掲示板だぜ。
中高生が援助交際をするような場所になっちゃってるんだからさ、警察から連絡来るのも当然なんだよ」

やたらと詳しい様子で、説明を始めてくれたのです。
無料の掲示板と言うのは誰もが使えるものだから、未成年が小遣い稼ぎをするのに利用していると言うのです。
「素人と安全に知り合いたいんだったら、掲示板は絶対にNGだね。
使うなら本人確認の身分証明を出す必要がある出会い系サイトを利用すべき」
なにやらやたらと詳しい様子も彼は、出会い系サイトは完全に出会いが探せると言い出したのです。